思い出の服をテディベアにリメイクしてみた

ハンドメイド
スポンサーリンク
タタミー
タタミー

こんにちは。今回は作り方ではなく、ハンドメイド好きのタタミーが「こんなもの作ったよ」ってだけの報告です。

コグマ
コグマ

ほう!テディベア!

でも、われわれの仲間のおきあがりコグマを作ったわけではなさそうですね!

タタミー
タタミー

そうなんです、今回は20年近く前に娘が着ていた思い出の服を使って、普通のテディベアちゃんを作りました。

コグマ
コグマ

お、なんか面白そうですね!

スポンサーリンク

思い出の服をテディベアにリメイクしたわけ

今回は、いつも作っているおきあがりコグマではなく、腕と脚がついている小さめサイズのテディベアを作りました。リメイクに使用したのは、娘が1~2歳の頃によく気に入って着ていたキャミソールです。小さい頃ってどうしてもいろんなものをこぼしたりで、シミ汚れとか多いですよね。きれいな状態の古着なら、知人におさがりとしてもらってもらえるかもしれませんが、汚れてる服はだいたい処分するしかないですよね。

でも、子どもが気に入って愛用していたからこそ、汚れや傷みがひどくなっているので、もう着なくなったからって処分するのも寂しいですよね。タタミーに関しては、なんだか愛着があって20年近く捨てられずに置いてました。笑

そんな捨てられない程愛着のある、思い出のつまった洋服なら、思い出と一緒に飾っておける何かにリメイクすればいいんじゃないか?と思い立って作ったのが、このテディベアです。

シミが多いので、きれいな部分を選んで布をカットしたんですが、もしその汚れ自体も思い出につながるのなら、敢えて汚れた部分や破れた部分を使用するのもよいかもしれないですね。

そして、普通に布を使用するのではなく、服を再利用するからこその工夫が楽しめるのも面白いところです。今回はキャミソールの肩紐のレース部分を半月型に成形して耳にしてみました。

材料にあまりお金をかけたくないので、私はいつもテディベアを作るときに市販のジョイントパーツ等を使いません。でも、今回は幼い頃の娘のイメージで、目玉パーツを使いました。

なので、材料として使用したのは古着と、綿と、刺繍糸、糸だけです。

思い出の服のリメイクの楽しみ方

テディベアに洋服を再現して着せてみる

古着からリメイクする場合、元々あるパーツを活かすのも面白いですよね。今回、テディベアの耳をキャミソールの肩紐のレース部分で作ってみた以外にも楽しんでみたことが!

そう、キャミソールの再現です。

裁縫の専門的知識があるわけではないので、全てが適当なんですけどね。笑

作っているうちに、まだ洋服の残りから十分何か作れる感じだったので、あ!そうだ!キャミソール着せてあげよう!って思いついたんです。

洋服についているタグとかもリッパーで丁寧に外して、アイロン当てて…ちゃんと洋服の内側にタグもくっつけました。ミニチュアのキャミソールが戻ってきて、少し嬉しくなりましたね。それにしても、身長90cm、体重13kg…小さかったなぁ。20年近くたったんだからそりゃ娘も大きくなる。笑

今回キャミソールだったから服の再現が簡単でしたけど、袖付きの服とかなら難しいんでしょうね。服を着せようと思うなら、テディベアの腕の太さとかも考えて作らないとです。今回も、だいたいのサイズを合わせて適当にテディベアの型紙から自作してみましたが、キャミソールの生地がけっこう伸縮性のあるものだったので、綿を詰めようとするとパンパンに伸びる伸びる。笑

リメイクする際は、生地のタイプによってもテディベアの作りやすさが違ってくると思うので、そこら辺も考慮して、型紙とか作り方を検討する必要がありそうだと思いました。

動画を作って懐かしい思い出を楽しむ

そして!今回楽しんでみたのが、画像で遊んでみるってこと。作ったテディベアに、キャミソールを着せてみて、写真撮ったんです。それを眺めてて、幼児期の娘を思い出しました。自分で服を着始めた頃の様子がイメージで沸いてきたので、それを短めの動画にしてみました。

YouTube動画で1分半くらい。よかったら観てやってください。動画はこちら

【思い出の娘の服をテディベアにリメイクする】いまだに捨てられない、20年近く前の娘のお気に入りの服を、思い出と一緒にテディベアにリメイクしてみました。
コグマ
コグマ

いいね!手足ついてる!そしてちゃんと服も着てる!

僕ら裸だから。笑

タタミー
タタミー

それ!おきあがりコグマちゃんたちも、手足つけてみたいんだけど、多分難しいんだろうなぁ…。おきあがりコグマは、そのフォルムが可愛いんだけどね。

頑張って試行錯誤してみますね。期待せずに待っててください。笑

コメント