おきあがりコグマ劇場 「悪気はない?」

おきあがりコグマ動画
スポンサーリンク
タタミー
タタミー

こんにちは。おきあがりコグマ劇場にようこそです!

コグマ
コグマ

はい、待っていました!劇場シリーズ第3弾ですね!!

タタミー
タタミー

今回も、第1弾、第2弾と全く同じ動画に別設定でストーリーをつけて演じてもらいましたよ、コグマさんたちに!

コグマ
コグマ

ほー!今回も全く同じ動画なんですねぇ。第1弾、第2弾もわりと違う感じだったので、今回も楽しみです。

スポンサーリンク

劇場シリーズ第3弾の動画

使用した動画

おきあがりコグマ劇場シリーズ、第1弾の「お父ちゃんは男前」、第2弾の「見る目を養わなくちゃ」と全く同じ動画を使用しています。動画自体は、3体のコグマさんたちをスプーンでつついて動かしてるんですけど、時々変な角度で固まってしまったり、台から落ちてしまったりするのが可愛くて。それを眺めながら、この子たちが何か喋ってたら・・・と妄想しているわけです。

同じ動きも、こちらの妄想次第で可愛く見えたり憎たらしく見えたり、いろいろですね。

設定

第1弾の「お父ちゃんは男前」では、

  • グレーのコグマ:お父ちゃん
  • ピンクのコグマ:お母ちゃん
  • ブルーのコグマ:息子

という役設定で、息子が泣きながら学校から家に帰ってくる場面からスタートしました。

第2弾の「見る目を養わなくちゃ」では、

  • グレーのコグマ:彼氏
  • ピンクのコグマ:彼女
  • ブルーのコグマ:彼女の親友

という役設定で、デート前の彼女に親友がアドバイスするところから始まります。

第3弾の「悪気はない?」では、

  • グレーのコグマ:お姑さん
  • ピンクのコグマ:お嫁さん
  • ブルーのコグマ:旦那さん

という設定で、これから旦那さんの実家に行く予定だけれども、お嫁さんが体調不良で…という状況からスタートします。

今回のやりとり、私がこれまでの人生の中で、悪気はないのかもしれないけれど(あるかもしれない)それはどうなんだろうと思うこと、結構あったので、そんな状況を整理してみました。

よければ第1、第2弾の動画も一緒に見比べて楽しんでいただければと思います。

第3弾

おきあがりコグマ劇場3「悪気はない?」~テディベアのおきあがりこぼしの動きに合わせてストーリーをつけてみた動画です~

第2弾・第1弾

おきあがりコグマ劇場2「見る目を養わなくちゃ」~テディベアのおきあがりこぼしの動きに合わせてストーリーをつけてみた動画です~
おきあがりコグマ劇場1「お父ちゃんは男前」~テディベアのおきあがりこぼしの動きに合わせてストーリーをつけてみた動画です~

第1弾、第2弾と比べてみる

今回も第1弾と第2弾と比べて、全く同じ動きの動画で、かなりコグマに対する印象が変わった気がします。

今回は、第1弾、第2弾でわりといい感じのキャラだったブルーのコグマさんが、旦那さん役をしたことで、あまりいいキャラのイメージではなくなりました。笑

第3弾の内容について

今回、悪気はない?ってタイトルの劇場動画なんですが、世の中悪気なく辛辣な言動する人は多いですよね。人それぞれ感覚は違うし、発言の内にある意図がうまく伝わらず、場合によっては相手を傷つけることもあるのは仕方ないと思う。

でも、最低限の思いやりがあれば避けるべきと判断できる言動を繰り返す、そこそこ年齢を重ねた大人もいたりして。そうした人とは距離をおければいいんだけど、そうはいかない時もありますよね。困ったことに、悪気なく思ったことを口にする人は、根っから悪い人ではなさそうな場合が多いから余計に辛くなったりします。

本当に悪気がなく無邪気に思ったことを口にしているのか、もしくは、傷つけてやろうと思って相手が辛くなる言動を繰り返しているのか・・・それによってこちらの対応も変わってきますね。

ただ、ひとつ言えるのは、ある程度人生経験のある人には、価値観も違うであろう相手に常識的な最低限の配慮をして、無神経な言動をしない、思いやりのある態度がとれる人であってほしいなぁと願うばかりです。

タタミー
タタミー

いかがでしたか?楽しんでもらえたら嬉しいです。

もしかして同じようなことを言われて傷ついたことがある人には、思い出させて辛い気持ちにさせてしまったらごめんなさいです。

コグマ
コグマ

たしかに。前の2作品とは雰囲気が違うね。世の中、天然とか無邪気とかで許されてる人もいるだろうけど、最終的には思いやりがあってほしいなぁ・・・の一言だね!

コメント