おきあがりコグマのつぶやき 「イライラする時は妄想する」

おきあがりコグマ動画
スポンサーリンク
タタミー
タタミー

こんにちは。遊びに来てくれてありがとうございます。

今回は前回のつぶやき動画第1弾、「はじめまして」のご挨拶に続いて、第2弾のつぶやき動画をお送りします!

コグマ
コグマ

わーい!われわれの活躍ぶりが動画で見られるわけですね!

ちょっと気になってたんですけどね、劇場シリーズと、つぶやきシリーズ、どう違うの?

タタミー
タタミー

そう、劇場シリーズとつぶやきシリーズの違いについては、こちらでも説明してるので、よかったらみてくださいね!

コグマ
コグマ

なるほど、劇場シリーズはわれわれの動きからタタミーが妄想膨らませてプチお芝居してる感じなんだね。つぶやきシリーズは、タタミーが言いたいことや、ちょっとしたネタをわれわれが代弁してる感じなんだ。

今回のつぶやきは、どんなだろう。みんなに楽しんでもらえたら嬉しいなぁ。

スポンサーリンク

つぶやき動画の内容について

つぶやき動画

つぶやき動画の内容は、私がいつも思っていることや感じたこと、何気ないものです。それをおきあがりコグマさんたちが話しているように、動画を作ってみたら可愛いかもしれないと思って作ってみました。

第2弾の内容

イライラするときの対処~妄想する~

普段の生活の中で、ちょっとしたことでイライラすることって割とありますよね。そんなことでイライラしなくてもいいのにということでも、自分の状況によっては、わりと引きずる程にイライラする時もある。心身ともに疲れ切っている時はどうしようもないんですが、少し気持ちに余裕があるときは、つぶやき動画第2弾で話すような、妄想によって気持ちを切りかえる時があります。

イライラの種類、内容にもよりますが。自分以外の人の言動がきっかけとなって苛立ちを感じるときには、たいていの場合、相手の言動が理解できないことが多いと思うんです。自分とは価値観が違う人たちに、非常識だなと思うことや納得できないことをされたとして、なんでそんなことするの?と思ったところで、どうしようもないですよね。

心の中で、愚かな人だなぁと少しさげすんでみたりして、理解できない人だから仕方ないと線を引くこともできます。でも、なんで自分がそんな人に不快な思いをさせられなくちゃいけないのかと、余計イライラすることもある。

そんなときに、妄想すると楽になることがあるんです。どっちかというと、愚かだなぁとか線を引くんじゃなくて、もしかしたら相手はこんな状況にあるのかもしれないと、勝手な妄想で自分が理解できる、もしくは同情できる、納得できる理由を無理矢理作ってしまうんです。あぁ、それなら仕方ないなとか、逆にかわいそうだなとか、そうならいいなって具合に。

妄想すると許せるかもと思ったきっかけ

たいした話ではありませんが、私の父は、とにかく家族にたくさん食べさせるのが好きで。お菓子にしても、その他の食べ物にしても、ものすごくたくさん買ってきて、食べさせようとするんです。周りの人に言うと、うらやましがられるんですけどね。でも三姉妹そろって、肥満気味?かなりぽっちゃりしていたと思います。父はいい人ですが、幼い頃から、怒らせてはいけないという先入観を持って育ってきた(イメージ的には超亭主関白で、巨人の星の、星一徹のようなこわさもありました)ため、お菓子食べたくないっていうのも、機嫌を損ねないように・・・って思いながらでした。そんなときに姉が、父の行動について「きっと前世で家族を飢え死にさせてしまったせいで、今世では、家族にひもじい思いだけはさせたくないって本能で動くようになってしまったんやと思えば、納得できる」と言ったんですよね。

その姉の発想に、すごく「なるほどー!それいいなぁ!」って感じたのをいまだに覚えてます。

それ以降の人生で、うまく妄想を取り入れてイライラに対処できたのかといえば、そうでもないのですが。笑

でも、そういう気持ちの切りかえ方もあるなと、時々自分に言い聞かせてます。

「宇宙兄弟」のグリーンカード

私アニメとか漫画とかもわりと好きで、以前「宇宙兄弟」って漫画の中に出てくる、グリーンカードってのを知ったときに、感動したんです。

知ってる方も多いかもしれませんが、「宇宙兄弟」はアニメ化、映画化(小栗旬・岡田将生主演)もされた、大人でも楽しめる、学べる、感動できる作品です。

この作品の中で、私がこのイライラ対処法につながるなと感じたエピソードがあります。宇宙飛行士選抜試験の閉鎖環境でのグリーンカードの話です。グリーンカードって、意図的にストレスを与えるために、閉鎖空間の中(ただでさえストレスフルな状況下)で過ごすメンバーそれぞれに、周りによりストレスを与えるような行動を起こす指令がでるんです。そして、その指令は、指示された本人しか知らず、決してグリーンカードの存在も、自分がその状況を作ったということも、他言できないルールがあるんです。

自分がしたことが原因で、周囲がとてつもなくストレスを感じているのを知りながら、それについて何も言ったりできない。メンバー間で疑心暗鬼の空気が広がり、ストレスは極限まで高まっていく。

この作品、主人公ムッタの、トラブルへの向き合い方や、人との接し方に学ぶところが多いので、原作漫画を知らない方は是非よんでみることをおすすめします。

宇宙兄弟を電子書籍ですぐよんでみる!

電子書籍だと場所もとらずに、どこででも、いつでもよめるからいいですね。

で、私がこのグリーンカードで感じたのは、自分がストレスフルな状況にあるときに、きっとこれは誰かがグリーンカードを与えられて、仕方なくしてることなんだと思えばいいのでは?ということでした。現実の自分の人生の中でグリーンカードなんてないんだけれど、もしかして、自分にストレスを与える人や物事の中に、不本意ながらってのもあるのかもしれないって。相手も、自分を陥れようとしてやっているのではないんだから、逆に許せた方がいいかもって。

たまに完全に悪意ある人もいますけどね。それは、完全にシャットアウトするしかないですけどね。笑

苛立っても、得することはあまりないだろうから、できる限りは自分の気持ちを穏やかに保つスキルを身につけたいと思いますね。

妄想の例

すごくくだらないけど、最近私のやってる妄想の例を紹介します。

アパートの上の住人が夜中にうるさい

→上に住んでいるのは、自分の好きなミュージシャンで、ライブや仕事が終わって疲れて帰ってきているので、足音も物音も…許そう?笑

→上に住んでいるのは、昔飼っていたおでぶ猫ちゃんの生まれ変わりで、夜中についつい部屋の隅に何かいると思ってカリカリし始めてしまう。…許そう?笑

車の運転中、無理矢理な割り込みをしてくる車

→トイレ間に合わなさそうで、大急ぎでうちに帰ろうとしている。私の前に入らないと、きっと間に合わずに車中で…ぎゃー!

→けんか別れした家族が危篤だという連絡があって、今急いで駆けつけないと生きているうちに会うことができず、死ぬまで後悔する…気をつけて急ぐんだよ

→前に無理矢理割り込んでくれたおかげで、タイミングがずれて、自分がこの先に遭遇するかもしれないアクシデントに合わずにすむ。

いろいろと人生挫折ばかり

→きっと前世を終えるときに、次に生まれ変わったらどんな人生を送りたいですか?って選択肢を提示された前世の私は、人間として学び成長するために、波瀾万丈で苦労の多い人生にチャレンジしてみます!って息巻いて言ったんだ…前世の自分が選んだことだから仕方ないな。笑

おきあがりコグマのつぶやき動画第2弾 「イライラする時は妄想する」

ってことで、そんな妄想についてコグマたちに喋らせてみたので、暇つぶしにでもみていってもらえると嬉しいです。

おきあがりコグマのつぶやき2「イライラする時は妄想する」
コグマ
コグマ

なるほどね!タタミーの妄想は自己防衛やストレスコーピングの一種なんだね。

タタミー
タタミー

そうですね、うまく活用できないときも多いけど、この方法で気持ちが楽になったり、笑えたりすることもあります。

イライラが笑いに変わったら、こんな楽しいことはないですね。

これからもぼちぼち笑えるようにがんばろー!

コメント